ホーム > Midi Room

Midi Room
1983年頃にはじめてシンセサイザーを購入しました。昔あった MSXという玩具パソコンでよく打ち込んでいたりしました。その後、まともなパソコンや シンセサイザーなどでシーケンサーソフトを使うようになり、良く打ち込んでいました。 「YAMAHA XGworks」で、MIDIフォーマット1にして書き込みなおしたものです。尚、Macでは動作確認しておりません。


 このアイコンは僕の音源を使ってmp3で録音したファイルです


 このアイコンはMIDIファイルです

MIDIファイルを再生するにはプラグイン(無料)が必要です。



〜 クラッシック 〜
■ バッハ 「パッサカリアとフーガ ハ短調(BWV582)」
バッハのオルガン曲の集大成、みたいな曲です。


パッサカリアとは・・・
16世紀にスペインに興った 3拍子のゆっくりした舞曲。フーガに結びつけて作曲されることが多い。


フーガとは・・・
対位法の技法を用いる作曲法. 主題が各声部に規則的な模倣反復を行って進行するもの, またその楽曲。
■ バッハ 「トッカータとフーガ ニ短調(BWV565)」
おそらく、オルガン曲では一番有名な曲だと思います。


トッカータとは・・・
ピアノやオルガンのための前奏曲, 即興曲。反復の多い急速調で, 華麗なものが多い。



■ バッハ 「パストラーレ ヘ長調 第3楽章(BWV590)」
この曲は、アニメ「ルパン三世」の「カリオストロの城」で、クラリスが伯爵と 無理やり結婚させられるときの教会で流れている曲です。



■ バッハ 「オルガン独奏のための協奏曲 イ短調(BWV593)」





■ バッハ 「G線上のアリア(BWV1068)」
「トッカーターとフーガ ニ短調」と並ぶくらい有名な曲です。
正式名称は、管弦楽組曲第3番の第2曲「Air」。卒業式などでよく流れます。




■ アルビノーニ 「アダージュ」
トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニ(Tomaso Giovanni Albinoni)はイタリアの作曲家。 この「アルビノーニのアダージョ」は彼の代表作と言ってもいいくらいなのだが、近年 それまでの彼の作品と旋律法や和声法が、他のアルビノーニ作品とは明らかに大きく食い 違っており、その信憑性が疑われている



■ バッハ/グノー 「アヴェ・マリア (Ave Maria)」
「アヴェ・マリア」といえばシューベルトの作品も有名ですが、この曲も有名。 もともとはバッハの「平均律クラヴィーア曲集」第1巻の第1曲「前奏曲とフーガ」に グノー(Charles Francois Gounod 1818-1893)が旋律を付け加えた曲です



〜 アニメ 〜
■ 天空の城ラピュタより「君をのせて」
言わずと知れた、スタジオジブリの名作の映画。作曲者は久石譲



■ 「天空の城ラピュタ」の挿入曲〜1
映画の中で頻繁に流れる曲。曲名は不明です



■ 「天空の城ラピュタ」の挿入曲〜2
映画の中で頻繁に流れる曲。曲名は不明です



■ 「天空の城ラピュタ」の挿入曲〜3
映画の中でパズーが朝起きた時に吹くトランペットの曲。mp3のみ


■ 天空の城ラピュタより「ロボット兵のテーマ」
シータの呪文によって復活したロボット兵が戦う時に流れている曲。なかなか迫力あったシーン。



■ 宇宙戦艦ヤマトより
いわずと知れた宇宙戦艦ヤマトの主題歌。先日お亡くなりになられた作曲家・宮川泰さんの アニメでの代表作。追悼の意味をこめて作成しました



■ さらば宇宙戦艦ヤマトより「白色彗星のテーマ」
映画で流れると、あのパイプオルガンの音色に圧倒される。



〜 ジャズ 〜
■ 「A列車で行こう」
結構有名な曲です。原作名は「Take the 'A' Train」



■ 「TAKE FIVE」
5拍子の独特のリズム。



〜 その他 〜
■ 「世界遺産」のテーマ曲
TBS系列で放送されている番組のテーマ。



■ アースシェイカー 「More」
80年代を代表する日本のメタルバンド。その代表曲といってもいい曲
かつて自分も高校生の時、バンドばかりやっていたので、よくコピーしました。




■ 戦場のメリークリスマス
大島渚監督の映画、「戦場のメリークリスマス」の曲。坂本龍一が始めて映画の音楽を 手がけた映画でもある。坂本龍一本人も「ヨノイ大佐」役で出演している