top
rogo





「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い


ワインの中で炭酸が入っているのがありますね。この炭酸ガスの気圧が1気圧以上のガス圧をもっている発泡性 ワインを「スパークリングワイン」と呼びます。この「スパークリングワイン」は色々な国、地域で生産されていて、たとえば ドイツなら「ゼクト」、スペインでは「カヴァ」、イタリアでは「スプマンテ」等、さまざまな種類があります。

では「シャンパン」はと申しますと、フランスのワイン4大産地の1つ、シャンパーニュ地方で「瓶内二次発酵法」によって 生産された「スパークリングワイン」の事なのです。

「瓶内二次発酵法」とは一度通常通りに白ワインを醸造し、そのワインをブレンドして瓶詰めをして、砂糖と酵母を加えて 密閉して2次発酵させる事。
通常の「スパークリングワイン」は人工的に炭酸ガスを封じ込めたものが多い。また、タンクで密閉発酵した後に、 ガスが抜けないように濾過機をとおして瓶詰めをする醸造方法もある(ドイツのゼクト等)

参考文献:「雑学居酒屋」(PHP文庫/ハイパープレス著)

【戻る】