top
rogo





缶コーヒーなどで「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違い


いつだったか缶コーヒー飲んでいたら、「コーヒー」と書いてある物や「コーヒー飲料」と書いてあるものがありました。 ではどういう違いがあるのでしょう?「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」によると3タイプに分けられて いるそうです。

  • 内容量100g中、生豆換算で5g以上→「コーヒー」
  • 内容量100g中、生豆換算で2.5〜5g未満→「コーヒー飲料」
  • 内容量100g中、生豆換算で1〜2.5g未満→「コーヒー入り清涼飲料」

となります。因みに「飲用乳の表示に関する公正競争規約施行規則」によると、成分中に、乳固形分が3%以上含まれている飲料は「乳飲料」に区分されるそうです。コーヒー牛乳などはこれにあたりますね。

参考サイト:UCC上島珈琲株式会社

【戻る】