top
rogo





「コーヒー」と「エスプレッソ」の違い


コーヒー

喫茶店やレストランの飲み物のメニューに「コーヒー」や「エスプレッソ」というのがあります。「エスプレッソ」はコーヒーの 一種ですが、この違いは入れ方にあります。ふつう「コーヒー」は挽いた浅煎りの豆をサイホンやコーヒーフィルターなどを 使いますが、「エスプレッソ」は深煎りの細挽きにした豆を専用の器具を使い、圧力をかけて短時間に抽出します。

ドリップで「コーヒー」を入れるとき、お湯が豆の粉の間の通過時間が長く、十分に豆の成分が溶け出してくるために 浅煎りの豆を使用しますが、反対に「エスプレッソ」は圧力をかけて一気に入れるので、深煎りの細挽きにした豆を使用 します。それは浅煎りの豆よりも深煎りの細挽きにした豆のほうが、豆の成分が溶けやすくなる為です。

ちなみにアイスコーヒーにも深煎りの細挽き豆を使います。これは、氷が溶けても、あまり薄まらないようにする為です。


【戻る】