top
rogo





「預金」と「貯金」の違い


お金を金融機関に預ける時、「預金」と「貯金」という二つの言い方があります。ではこの2つ、どんな違いがあるのでしょう? これは金融機関により違います。

  • 「預金」・・・・都銀、地銀、長信銀、信用金庫、信用組合
  • 「貯金」・・・・郵便局、農協、漁協等

この「預金」と言う言葉は、銀行は明治時代、企業や商店主などの事業性のお金を一時的に預かる役割を担っていた色合いが 強いことから、「お金を預ける」ので「預金」という言葉が生まれました。一方「貯金」は本来「お金を貯める」意味です。 「貯金箱」や「たんす預金」と言う言葉にもありますね。郵便局に自分のお金を「貯める」ので「貯金」という言葉になりました。


【戻る】