top
rogo





「ATM」と「CD」の違い


銀行やスーパーの一角に良くありますが、「ATM」と「CD」の違いはと言うと機能が違います。
まず、「ATM」は「Automated Teller Machine」の略で、この「Teller」という単語は銀行の窓口業務の意味です。つまり 意味的には「銀行の窓口業務を機械がやってくれる」ということですね。「現金自動預け入れ払い機」とも呼びます。 確かに「ATM」は、振込みや預金、新規定期預金の申し込みや解約等、窓口と変わらない業務がこなせます。
一方「CD」は「Cash Dispenser」の略で、「現金自動支払い機」という意味です。つまり現金の払い出しのみの機能 なので、預金の引き出しか通帳記帳しか出来ません。


【戻る】