top
rogo





「温帯低気圧」と「熱帯低気圧」と「台風」の違い


低気圧には大きく分けて「温帯低気圧」と「熱帯低気圧」とがあります。
  • 「温帯低気圧」とは・・・ 日本付近では基本的に北へ行くほど温度が低くなります。南北に温度差があるので大気の状態は不安定になり、 きっかけがあると、温度差を解消しようとして渦が発生し発達します。これが「温帯低気圧」です。

  • 「熱帯低気圧」とは・・・ 熱帯地方では、そんなに温度のさがありませんが、気温が非常に高いので、海水が蒸発しやすくなります。 で、水蒸気はいずれ水に変化しますが、水になる時に放出するエネルギーにより発達する低気圧をさします。
で、この「熱帯低気圧」が発達して最大風速が17.2m以上になったものを「台風」と呼びます。

【戻る】