トーバルズの謝罪 - トーバルズの謝罪

Linuxを生み出したことで知られるリーナス・トーバルズは、その偉業以上に、攻撃的な発言の方でより世間を騒がせてきました。

特に同じコミュニティ内に所属するLinuxの開発者に対する言動は、多くの批判を浴びてきたのです。またLinuxの開発サミットを、自身の休暇旅行先のエジンバラに変更させたりといった自分勝手な行動も、この批判に拍車をかけることになります。

過去のおこないについての謝罪

トーバルズの謝罪 1 - トーバルズの謝罪

しかし2018年、彼はそれまでの人生を振り返り、その振舞を謝罪すると発表しました。これはLinuxコミュニティにとっては大きな発言で、これによりLinux界隈、いやトーバルズ界隈のコミュニティが持っていた閉鎖性、女性やマイノリティが参加しづらい雰囲気というものが緩和されると期待されたのです。

同時にLinuxカーネルの開発プロジェクトには行動規範が設定されることになり、多くの関係者から歓迎されることとなりました。